蹴上インクライン

蹴上インクラインは、全長582mの世界最長の傾斜鉄道跡。船ごと台車に載せ、ワイヤーで引っ張り、レール上を上り下りするというものです。
蹴上インクラインの高低差は約36mもあり当時の技術力の高さに感心します。

*現在の蹴上インクラインは1977年に産業遺産として復元されたものです。

インクラインの下はレンガ積みの「ねじりまんぽ(煉瓦斜架拱)」とよばれるトンネルがあります。
トンネルの入り口には「雄観奇想 ゆうかんきそう(優れた眺めと思いもよらない考えという意)や、「陽気発処 ようきはっするところ(集中して物事に挑めば何事でも成し遂げられるという意)のような言葉が書かれています。
これらは琵琶湖疏水を作ったころの京都府知事 北垣国道の言葉です。

ほかにも、琵琶湖疏水を利用した水路式水力発電所があります。1891年に運転を開始し、現在も現役の発電所として電気を送り続けています。

京都観光オフィシャルサイト 京都観光Navi(外部サイトへ移動します)

Google Mapで地図を見る(外部サイトへ移動します)

交通の目安

  • ホテルから車で約60分
  • 近江舞子駅ー<JR湖西線>→山科駅、山科駅-<地下鉄東西線>→蹴上駅

メールでのお問い合わせ

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-084-205

受付時間 9:00~21:00

ページトップに戻る